事故車や不動車なのになぜ売れるのか?

画像

海外などの新興国に輸出

事故車・不動車や状態の悪い車でも廃車買取で買い取ってもらえるのは、販売ルートが確立されているためです。一つは海外への輸出というルートです。多くの廃車買取業者は海外にネットワークを持っており、特に日本車が人気の新興国に日本では買い手がつかないが、そちらではまだまだ売れるという国に買った車を転売しています。もちろん、自社工場などで丁寧な整備を行ってから売るわけですから、多少の手間がかかってしまいますがそれでも十分利益になるほど、日本の車は人気があるのです。特にトヨタ車は丈夫である、長持ちするといったイメージもありますし、こちらでは大衆車ととらえられている車種でも海外ではステータスがもっと上の車と認識されていることもあります。また、古い年式の車であっても海外では日本ほど古い年式の車だからといって敬遠される・大きく価値が落ちることはないようです。こうした事情から、日本では廃車となるレベルの車、少し傷がある事故車や修理でよみがえる不動車でも廃車買取によって有効活用されるため高価買取を実現できているわけです。もちろん、海外に強いコネがある業者ほど高く売れる可能性は高まります。

車体をばらしてパーツとして販売

事故車で大きくへこみや傷がある車は、修理に出すと相当お金がかかってしまうので廃車にして新しい車を手に入れる方がましだというケースが往々にしてありますね。しかし、廃車買取業者では事故車、場合によって不動車もレッカーしてまで買い取ってくれるケースがあります。これは、車体をばらしてパーツとして販売することで利益を上げているためです。パーツごとで高い値段をつけることができれば、残った部分は廃車にしても利益が出るということです。例えば、カーナビやカーステレオなどは事故車であっても無事なことが多くあります。こうしたオプションを備えていれば、事故車であっても売ることができる可能性は高まりますし通常の廃車でも買取金額アップが望めます。このばらしたパーツですが、リサイクルパーツとして一般にも販売されています。タイヤやシート、エアロパーツ、インテリアパーツ、ステアリングなどいろいろなパーツが販売されており、車が好きな方には結構需要があるものです。そのため、事故車などでも大いに査定をしてもらう価値はあるでしょう。

修理して中古車市場で再販

事故車などであっても、またエンジン不調などで動かない車であっても自社工場が優秀であれば修理して中古車市場に出すことができます。中古車市場でも、一般的な中古車店だけでなく現在はいろいろな売り方が可能です。廃車買取店自らが中古車を販売しているケースもありますし、オークションに中古車を流すケースもたくさんあります。海外へ売るだけでなく、ちょっと手を入れるだけで国内でも流通可能なケースは結構あり、そうしたレベルの車は高価買取の対象となることもあります。特に、中古車市場の人気車種は高く買い取ってもらうことができるでしょう。中古車のディーラーさんでは買取不可と断られてしまうケースであっても、自社工場で優秀な整備員が仕事をしている業者では十分修理・再販可能と見てくれる場合があります。修理に自信があるということは、それだけ買取価格が高くても元がとれると判断してもらえるわけですから買取金額もおのずとアップしてくるでしょう。技術力が高い業者は、状態が多少悪くても買取金額を上乗せしてくれたり思わぬ高値をつけてくれます。

TOPへ戻る