輸入車、バス・重機・トラックの買取

画像

トラックや重機の場合

ここでは輸入車やバス・トラック・重機などの廃車買取について考えます。トラックや重機の廃車買取は、できる業者がある程度限られてしまうので注意が必要です。どんな車種でも買い取りますとホームページなどで明記されている業者であれば、こうした車も買い取ってもらえるでしょう。もちろん、車の状態によって断られる可能性もあります。どんな車にも最低買取金額保証をつけている業者であれば安心ですね。トラック・重機の場合、パーツが普通の乗用車とは異なっており、つぶしが効きにくいという難点があります。一般的な車のオーナーはわざわざ重機のパーツを欲しいとは思わないでしょうから、ある程度リユースのめどが立っていることが条件となるでしょう。輸入車についても、ある程度リユースがしやすいほうが手間がかからず買取金額が高くなることが見込めます。バスについてですが、バスは大手バス会社でも中古車両を購入して運用していることが非常に多いです。そのため、パーツで見てもバス全体で見ても再利用がしやすく販路を持っていればかなり「美味しい」車となっています。

バスや商用車の場合

バスや商用車でも、高価買取をしてくれる廃車買取業者は結構あるものです。特に商用車については、一般的な乗用車とほとんど変わらないわけですし塗装などで再販までに手間がかかることなどを除けば問題なく買い取ってくれるでしょう。バスについては、国内・海外どちらかのバス会社との接点を持っており中古バス市場にバスを出せる業者でなければ買取は難しいかもしれません。バスを個人で買おうと思う方はまずいませんし、バスの大きすぎるパーツを乗用車に運用することもほとんど無理なためです。小型のマイクロバスなどを持っている企業はそれなりに多くありますが、事業縮小などでバスが不要になった時、耐用年数が過ぎてしまって車の処分を考えている時などは買い取ってもらうことで節約につながります。バスなどの大型車でも、ディーラーで廃車処分をするよりも買い取ってくれる業者に売る方がお得になります。買い取ってくれた業者で次の商用車・バスを安く見繕ってくれることもあるので、利用できるのならばディーラー以外に廃車買取業者も検討してみてはいかがでしょうか。

輸入車や改造車の場合

輸入車や改造車についても、廃車買取業者で買い取ってくれることは決して少なくありません。輸入車にもいろいろなタイプがありますが、日本国内でも需要があるメジャーなものであれば買い取ってもらえる可能性も強く、買い取ってもらえる金額も高めになるでしょう。改造車についても、違法改造については保証できませんが正規な範囲での改造は問題なく買い取ってもらえることが多いです。中古車市場にそのまま出すことは難しい場合でも、パーツごとに分解して売る可能性もありますし、工場で手を加えてから海外などに販路を見出す場合もあります。ただし、改造したために買取金額が低く抑えられてしまう可能性もあることは仕方ないでしょう。塗装などについても、中古車として売ることを考えるとマイナス要素になってしまうことが多いですね。ただし、最初に車を買った際に取り付けたオプションなどについては、逆に売却時に好評価につながることが多いです。カーナビやアップグレードしたシートなどは、プラスアップ査定のポイントとして見てもらえる可能性は十分あるでしょう。

TOPへ戻る