廃車買取に必要な書類

画像

乗用車の場合

廃車買取を行う際の必要書類について、簡単に説明していきたいと思います。まずは一般的な乗用車についての廃車手続きです。自分で廃車の手続きをする場合には申請書、手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書の3枚を管轄の運輸支局からもらって記入することになります。また、実印と印鑑証明書、車検証、ナンバープレート、リサイクル券、•使用済自動車引取証明書も必要になります。廃車買取をしてもらったお店に廃車の手続きを依頼するとしたら、車の所有者の委任状が必要になります。こちらの委任状には所有者の実印の押印が必要です。また、「移動報告番号」「解体報告記録がなされた日」のメモ書きも必要です。この他、車検が一カ月以上残っていれば重量税還付の手続きに必要な金融機関情報、重量税還付金の受領権限に関する委任状が必要です。代理人申請では代理人の印鑑も必要になってきます。また、車検証記載の所有者の住所・氏名が印鑑証明書と違っている場合には住民票も別途必要となる点にはご注意ください。基本的には、業者に代行をお願いしたほうが楽になります。

軽自動車の場合

軽自動車の廃車手続きに必要な書類は、一般的な乗用車の手続きとほんの少しだけ異なっています。必要なものは軽自動車検査返納届又は自動車検査証明書交付申請書、認印、車検証、ナンバープレート、軽自動車税申告書になります。軽自動車検査返納届・自動車検査証明書交付申請書・軽自動車申告書は陸運支局ではなく軽自動車検査協会からもらうことになるので注意してください。乗用車と違って、印鑑は認印でも大丈夫であるため印鑑証明などを用意する必要はありません。ただし、ナンバープレートの取り外しなどは乗用車と同じく必須となります。こちらの廃車手続きも、廃車買取の業者に代行してもらえるのならそちらのほうがグンと楽になりますね。自分では面倒なナンバープレートの取り外しなども、無料で行ってもらえれば非常に助かります。軽自動車の廃車では廃車の書類をもらうところはもちろん、廃車の手続きも軽自動車検査協会ですることになります。廃車の手続き終了後は、納税義務の消滅手続きを別途行う必要があります。自動車税の納税義務は、廃車翌年度から廃止となります。

所有者がディーラーや信販会社の場合

車をローンで購入した場合には、車検証に記載される所有者の名義はローンを借りているディーラーや信販会社になっているのではないかと思います。この場合、廃車手続きは所有権を自分のものにしてから自分で手続きを行う・もしくは廃車買取業者に手続きを依頼するか、ディーラー・信販会社に廃車を依頼するかの2パターンがあります。所有権を譲渡してもらう場合には、ローンを完済した上で車検証のコピー、印鑑証明書、委任状、最新の自動車税納税証明書、ローン完済証明書が必要です。車検が一カ月以上残っていれば、自賠責保険の原本も必要書類となります。この手続きが終われば、あとは通常の廃車手続きと同様でOKです。ディーラーや信販会社に廃車を依頼する場合には、基本的には別途手数料がかかります。廃車委任状、納税証明書、リサイクル券など必要な書類は業者によって差がありますがそれらの書類を用意すれば、手数料を払う以外何もすることはないでしょう。ただ、業者から確実に廃車手続きが行われたことを証明する抹消登録証明書をもらう確認だけはしっかり行ってください。

TOPへ戻る