廃車買取の流れと手続き

画像

お問い合わせ編

廃車買取のお問い合わせは、まずオンラインや電話によるお問い合わせで簡単な見積もりを出してもらうのが一般的です。車種や年式、走行距離などを伝えることで、大まかな査定金額を出してもらえます。無料一括見積サービスを利用して、複数の廃車買取業者から見積もりをもらう方法もありますが、こちらはあまりおすすめしません。営業がたくさん入ってくることにもなりますし、必ずしも優良業者から見積もりが得られるという保証が得られるわけでもないためです。基本的には簡単な見積もりは参考程度にして、無料出張査定をしてもらうのが一番確実・安心な方法と言えます。ただ、廃車の手続きなどについて不安な点があればフリーダイヤルで質問にいろいろ答えてくれる業者を利用するのはいいかもしれません。値段がつくかどうかはもちろんのこと、レッカー代や廃車手続き代行のサービスなどについても問い合わせておくと後々依頼する時にトラブルがなくて済みます。問い合わせの段階で、信頼できる業者かどうかはスタッフの対応スピードや丁寧さにより見えてくるのではないでしょうか。

引取り編

廃車の引取りは、基本的に業者の方が自宅や車両保管場所まで来てくれるので安心です。ただし、無料出張査定、無料レッカーサービスのある業者を選ぶことが大前提となります。引取りの際には、最終査定が行われ、各査定ポイントに沿って最終見積もりの提示が行われます。その金額で納得できれば買取、納得できない場合にはその見積もりを断ることも可能です。事前に査定してもらいたいポイントを説明することで、プラス査定になる場合もあるのでオプションパーツを取り付けた部分などは把握しておきたいですね。引取りの際、即現金買取を行ってくれる業者もあります。できるだけ早く現金化したいという方は、そういった支払方法に対応している業者を選ぶのもいいかもしれません。ただし、この方法は基本的にローンが完済されていることが前提となります。ローンが残りわずかであれば、先にローンを完済してから現金化というのが一般的な流れでしょう。ローンがたくさん残っているのであれば、基本的に全ての手続きが終わってから銀行振り込みで支払ってもらうことになります。

廃車手続き編

廃車の手続きですが、自分で行うこともできますがやはり業者の方にお任せするのが一番スピーディーで確実、仕事の邪魔にもなりません。良い業者は、廃車手続きの書類作成・提出・証明書の郵送などを無料で代行してくれるサービスを実施しています。手続きがよくわからない方、手続きの場所が遠い方も安心ですね。基本的には陸運局や軽自動車検査協会で廃車の手続きを行うことになりますが、ローン返済中で車両の持ち主がローンを借りている先の業者になっている場合には手続きが少し異なります。手数料を払って業者に廃車手続きをしてもらうのが一番楽ですが、節約したい場合にはローンを先に払って自分名義の車に変えてから、改めて廃車手続きを取るという方法も考えられます。廃車買取業者にしろ、ローンを払っている業者にしろ廃車手続きを行う際は、確実に手続きが行われたという証明書をもらうことが非常に大切です。これがなければ、廃車をしたのにまだ自動車税の納付催促が来る、還付される税金が戻ってこないといった面倒なトラブルになりかねませんので注意が必要な点です。

TOPへ戻る